直売所千倉

千葉県木更津市にある、日本一小さな魚屋です。半世紀プラス22歳の青年が一人で切り盛りしています。50年の知恵と22歳の純真さが魚を美味しくお届け致します。 住所は 木更津市長須賀327ー1.電話09044300376 当店でのお取り扱いは、日銀カードのみでございます。還元ポイントは有りませんが、基礎手数料0の日銀カードが 、最もお得です。

緊急手術

商売以外のブログで恐縮です

今朝に不調が見つけてこれから緊急手術に入り

ます

また全身麻酔での手術ですから前回以上に

覚悟しています

手術時間は3時間です

覚醒が難しいと言われています

長引けば危険が増大します

無事終わりましたらブログします

よろしくお願いいたします

直売所千倉水嶋良昭

ガンバレに一喜十喜

土曜日12日は良い事がありました

病院の下の砂浜に「ガンバレ」と書いて有る

と看護師さんが教えてくれました

看護婦さんに頼んで私のスマホで撮して来て

もらいました

[f:id:y6932o:20210614050124j:plain

漂着物の木片や竹等を拾い集めて人文字

ならぬごみ文字でえがかれた

「ガンバレ」でした

沢山の人が入院している病院の前の

「ガンバレ」の文字に私1人が一喜十喜する

は可笑しいと思いますがこの風景はこれまで

何度もブログに掲載した写真だけに

心ときめかしました

しかしこのこの短い文章を書く為に3日がか

りの手しか動かせない身では、将来の希望を言

うは何時になることやらです

ご機嫌よろしくお願いいたします

生還の見込みが立ちました

7日の朝8時に手術室に入りましたのに

覚醒したのは8日の10時30分でした

気道に管を入れていた時間が長かった為か8、

9日はタンの出方が激しく息が詰まりそうで

生きた思いに至りませんでした

昨日は少しは楽になりました

今日も昨日に同じですが

少しは楽です、ご飯も今日から食べています

治るかなとおぼろ気に感じています

今朝から何回も書き始めたのに投稿に至り

ませんでした

皆様がブログを開けてくださる数に驚いて

書いています

ありがとうございます

頑張ってみます

よろしくお願いします

直売所千倉、
水嶋良昭

梅雨の型整う

北米大陸西海岸から南シナ海まで長い雲の帯

が連なり、日本付近ではオホーツク海から

南西に勢力を伸ばす高気圧が見えています

どうやら梅雨どきの気圧配置となりました

房州の東岸~外房は濃い海霧が立ち込め

ました

海水温が気温より高い、無風状態の時に

顕れる現象です

私の心境そのものです、五里霧

8時30分に手術室に入ります

生還出来たら、11日には更新します

更新出来ませんでしたら、差し上げてある

金券の事ご容赦ください

ご機嫌よろしく

プラごみの墓場と半世紀昔の自然保護

本日の新聞報道によれば、有人深海調査船

「しんかい6500」の調査で房総半島

南東の日本海溝の深海6000mにプラス

チックごみが多量に見つかったと言う事です

陸上から流れ出たプラスチックごみがかよう

な深海底に到達し、さながらプラごみの墓場

の様相であると報じています

自然環境の下では腐敗分解しないと言うプラ

スチックごみが、多量に廃棄される弊害は

早くから指摘されてきたところですが、通常

人間の目の届かない深海底にまで及んだ事実

はゆゆしき事です

引き替え、半世紀昔に海底にごみが溜まる

事の弊害を唱え、防止に努めた人がいました

昭和50年代に入り房州は、たもすくい鯖漁

の大漁にわいていました

たもすくい鯖漁とは、50~100mの浅瀬

に集まった鯖群を、電気の光と餌を撒く事

により海面に誘きだし、直径80cm位のたも

網ですくい取る漁法で40年代から盛んに

なりました

為に大量の餌を使います

50tの鯖を獲るのに8~10tのいわしを使い

ました

いわしは15kgに冷凍され畜産飼料の空き袋

に入っています

1隻当たり500~600袋、150隻で

75000~100000袋が海上に投棄

されました

これをよろしくないとしたのは、平館漁業

協同組合長鈴木惣之助です

全て陸上に持ち帰る様指示しました

指示に従わない船にはいわし餌を積ませない

と条件をつけたから即刻履行されました

50年昔にかような即断即決の自然保護の

姿勢が示されたにも関わらず今にして

「プラスチックごみの墓場」とはどこに原因

が有りましょうか?

行政にその大きな責任の一端が有ります

行政に携わる人達に物の良し悪しを判断出来

ない人が多いのです

しっかり明文化された法律が無いと良い事を

誘導出来ないのです

悪者の利益追求にNOを明言出来ないのです

善者の善利と悪者の悪利に公平である事が

さも公務員の公平姿勢であると公言して

憚らない公正姿勢を忘れたお馬鹿さんが

いるのです

一例を上げます

10年以上昔、プラスチックごみ減少策が

叫ばれた際、私はプラスチックトレーを

木質系トレーに替える事を画策しました

しかし、その単価は20倍以上して進まず

大量生産による価額低減と補助政策により

実現しようと

「千葉県庁自然保護課長」と担当部長に話し

ましたが無視されました

1ケ月程前に、新しい知事になってから

「自然保護課長」に話し同様の提案を

すべく電話をかけましたが、課長は電話に

出ませんでした

公聴室長経由で話しをしましたが

「副課長なら聴いてやる」との回答をよこし

ました

民の提案を何と心得るのでしょうか?

私は、この担当課長の公務姿勢を新しい

知事の政治姿勢と理解して若い知事の指揮力

に大きな疑問符をつけます

指導者は、まずは大自然に謙虚であるべき

です



私は平成10年代

生物多様性千葉県戦略の制定に参与した

生物多様性県民会議のメンバーであり

最後の県民会議代表でもあります

知事が代われば、前知事の決めた事は

踏襲しない

知事の座さえ手中にすれば後は野となれ

山となれなのか?

本当の「野となり山となれ」ならまだしも

排気ガスの野は、プラスチックごみの山は

容認出来ません

千葉県庁自然保護課は、鳥獣捕獲許可課に

なり下っていると言わねばなりません

600万千葉県の自然保護行政は多岐に

わたります

こなせるか?

若い知事の力量査定です

50年昔の平館漁業協同組合長鈴木惣之助

さんの即断即決姿勢が懐かしい

鈴木惣之助さんは千葉県議会議長

千葉県漁業協同組合連合会会長

日ソ漁業交渉政府委員も務めた人です